high land church
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

金のステンシル

 

VOYAGERジーンズ、27、32、33、34インチの縫製が終了しました。

あとは洗い加工をして完成です。

 

 

 

 

 

帯裏に金色のステンシルをするので、金属粉を使ってインクを作ります。

LINING DEEP LEMONという色の金属粉です。

 

 

 

その金属粉とバインダーを使って、金色のインクを作ります。

このバインダーは白いペンキのようなもので、この金属粉用のものです。

粉っぽさがなくなるまで、

とろみがつくまで、よく混ぜ合わせます。

 

 

 

今回、使用したインクの残りは、容器に入れて保存します。

キチンと密閉された容器であれば、1年くらいはもつと思います。

 

 

 

ペラペラのポリエチレンのシートをデザインカッターで切り抜いて、ステンシルカードを作ります。

ステンシルをやり始めたころは、厚紙を切り抜いて作っていたんですが、ここのところずっとは、このポリエチレンのシートを使います。

厚みがないので、文字のエッジが出やすいためです。

 

 

 

帯裏のステンシルは、ジーンズ縫製後にステンシルするのではなく、帯裏を裁断後に生地がフラットな状態でステンシルします。

綺麗にステンシル出来ます。

 

 

 

ワンウォッシュすると、多少剥がれます。

金は定着が難しいです。

 

 

 

自分着用1か月くらいのもの。

洗濯は2回ほどしています。

だんだんと剝がれてきますね。

 

 

 

帆布パッチのシルクスクリーンプリントです。

透明インクの紺色でプリントです。

一気に6枚分作ります。

 

 

 

生成り11号帆布です。

洗濯してもほとんど剥がれません。

透明インクは布に染み込むので、堅牢度があります。

 

 

 

真鍮に銅メッキしたUFOリベットを、バーナーで焼きメッキしてある銅を飴色に変色させます。

そして、ブラスブラックという薬品を使って、さらに黒い被膜を作り、ヴィンテージ感を出していきます。

 

 

 

フロントパッチポケットの間口にこのUFOリベットをカシメました。

 

 

 

 

 

 

 

17:18 | comments(0) | trackbacks(0)

VOYAGERジーンズ縫製中。

 

VOYAGERジーンズ、27、32、33、34インチを縫製中です。

本日中に完成予定です。

アウトシームのないジーンズの縫製途中は、こんな不思議な形になっています。

中央が小股の部分です。

いつも縫いながら、この形は面白いなあと思います。

アウトシームのないジーンズの縫製工程をお見せしたくて紹介しました。

この次の工程は、後ろ身頃の縫い合わせ、インシームの縫製、裾縫い、ウェスト帯付け、ベルトループ付け、帆布パッチ付け、ボタンとリベット付けで終了となります。

 

 

12:10 | comments(0) | trackbacks(0)