2016.12.06 Tuesday

パラフィン帆布のハンチング

0

     

    持ち込みのハンチングキャップと同じ形のハンチングキャップが欲しいとの注文を受け、

     

    生地をパラフィン帆布に変え制作しました。

     

    持ち込みのハンチングキャップは、一度解き、それを元に型紙と試作を作り、修正しながら

     

    本番の生地で制作しました。

     

     

     

    水通ししたパラフィン帆布で制作しました。

     

    あとで洗えるようにする為です。

     

    丸みとシャープさが同居している形だったので、それを再現するのが難しかったです。

     

     

     

    持ち込みのハンチングキャップ。

     

    解いたものを再生したもの。

     

    裏地を解いて、そこから型紙を制作しましたが、なかなかいい形が出ずに、修正をくりかえしました。

     

     

     

    これは別のお客様のハンチングキャップです。

     

    これは型紙だけを作ります。

     

     

    ※ パラフィン帆布のハンチングキャップはまた後で、写真をたくさん紹介しますね。

     

     

    2016.11.28 Monday

    オーダー休止のお知らせ

    0

       

       

      オーダーの方が立て込んできました。

       

      今、受け付けると3カ月以上お待たせすることになります。

       

      なのでオーダーの受け付けをしばらくお休みします。

       

      オーダーの方、すでに受け付けている方は、順次仕上げていきます。

       

      かなりお待たせしている方もいます、すいません。

       

      ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

       

       

      オーダーの受け付けを再開したら、またこのブログでお知らせします。

       

       

      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << December 2016 >>
      PR
      e-mail
      missin.a@ymail.plala.or.jp
      工房
      〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Recommend
      イルカの日 [DVD]
      イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
      ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
      ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
      博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

      胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
      Recommend
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
      エリザベス・クラーラー
      この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
      アニータ・ムアジャーニ
      全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM