2017.03.25 Saturday

ネイビー×アイボリー×グレーのパラフィン帆布のショルダーバッグ

0

     

    パラフィン加工の帆布で間仕切りのショルダーバッグを制作しました。

    マリン感のある配色で、SEAMANとステンシルしました。

     

     

     

     

    サイズは横17.5 縦25 マチ6.5cmくらいです。

     

     

     

    単行本3冊、表ポケットに文庫本1冊、入ります。

    500mlのペットボトルもサクッと入ります。

     

     

     

    ミシンアディクトのカバンはよくこの間仕切り仕様になっていますが、その方が使いやすいんじゃないかな

    と思い、このようにしています。

    背面側の部屋の方が少し大きく、表側は少し小さいです。

     

     

     

     

    このパラフィン加工の帆布もよく使いますが、霧吹きで水を吹くとこのように玉になってはじきます。

    長く使っていると、防水成分のパラフィンがだんだん落ちてきます。

    それとともに柔らかくなったり色落ちしてきたりして、雰囲気が増してきます。

    さらに防水性を保ちたいときは、WAXを塗り込んでいきます。

    その時はご相談ください。

    配色違いのオーダーももちろん受け付けますよ。

     

    半田亀崎の「ひるあんどん」にて明日から手作り展です(25日〜31日まで 13:00〜16:00)。

    よかったらお越しくださいね。

    ツリーハウスを作っている流木作家の方も来るそうです。

     

    〒475−0029 愛知県半田市亀崎常盤町4-79(JRの亀崎駅から歩いて7分くらい、車の方は駐車場もあります)

    0569−28−0200

     

                                                                                                              

     

     

     

    2017.03.23 Thursday

    ピンクの着物帯のトートバッグ

    0

       

      続けて帯バッグを紹介します。

      絽の帯で作成しました。

      緯糸に隙間があるため透け感のある生地になります。

      母親に聞いたら、素材は麻だそうです。

      シャリ感があり、これからの季節にピッタリです。

      これも「ひるあんどん」に持っていきます。

       

       

       

      モチーフは笹でしょうか。

      帯のデザインはホントカッコいいですね。

       

       

       

       

      マチは底が広く、間口に向かって少し細くなっています。

      台形の形です。

      その方が安定性があります。

       

       

       

       

      底は黒の防水帆布で。

      ピンクと黒も合いますね。

       

       

       

      10年ほど前は着物アロハばかりを作っていたので、着物アロハの赤井君と言われていた。

      そしてその前は帽子ばかり作っていたので、帽子やの赤井君と言われていた。

      今はジーンズを作っているので、ジーパンの赤井君と言われる。

      果たしてその実体は?

      怪人20面相みたいですが、それがミシンアディクトです。

      この感じが好きなんです。

       

       

       

      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
      PR
      e-mail
      missin.a@ymail.plala.or.jp
      工房
      〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
      FAX
      0569−35−5085
      携帯
      090−1725−7950
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      イルカの日 [DVD]
      イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
      ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
      ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
      博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

      胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
      Recommend
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
      エリザベス・クラーラー
      この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
      アニータ・ムアジャーニ
      全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM