2016.09.25 Sunday

14オンスのセルビッチデニムのウェスタンシャツ

0

     

    半田市のT君よりのオーダーで、14オンスデニムでウェスタンシャツを作りました。

     

    14オンスのデニムなのでジャケットのような重さがあります。

     

    ボタンはジーンズのフライボタンでよく使っている、14mmのドーナツボタンを使用しました。

     

    最初は17mmのジーンズボタンの方が持ちやすく開け閉めしやすいと、勧めたのですが、見た目がカッコよろしくな

     

    いということで、14mmのものに決められました。

     

     

     

    こうやって写真で見ると、14mmで正解!と言う感じですね。

     

     

     

    お客さんの寸法を細かく測って、型紙を制作します。

     

    Tシャツなどを着た状態で、胸囲、ウェスト、腰回り、背丈、袖丈、腕付け根回り

     

    上腕回り、肘回り、手首回り、首周り、肩幅などを測ります。

     

    この寸法を土台にして、いつも服の寸法を決めてきます。

     

    常に寸法をリスペクトしています。

     

     

     

    バックヨークはシンプルに直線ライン。

     

     

     

    真鍮無垢のドーナツボタンを、ブラスブラックと言う薬品を使って、ビンテージ加工しました。

     

    いい感じ。

     

     

     

     

    もう一着、続けてデニムのウェスタンシャツを作ります。

     

    今度は持ち込みのものをベースにして、寸法を少し変えての制作になります。

     

    お楽しみに。

     

     

    2016.09.17 Saturday

    カーゴパンツの叩き補修

    0

       

      3ヶ月くらい前にフルオーダーで制作したカーゴパンツの補修をしました。

       

      かなり、ハードにやれていたのでしっかりとミシンで叩き補修を行う。

       

      数か月と言うよりも、数年経ったような、やれ感です。

       

       

       

      全て修理し終わった後の、写真です。

       

      いつもBEFOREの写真を撮るのを忘れてしまう。

       

       

       

       

      右ひざは鍵裂きのような破れ。

       

      当て布、ジグザグ補修。

       

       

       

      左ひざは、生地が全体的に傷んでいたので、当て布して補強の補修。

       

       

       

      左右のカーゴポケットも、生地が傷んでいたので当て布して補強。

       

       

       

      後の玉端ポケットと、フロントのポケットの入口あたりの穴開き補修。

       

       

       

      このパンツを履かれている方は、石ころをぎゅうぎゅうにポケットの中に入れてしまうらしく、

       

      ポケットの間口辺りがこすれて、かなりダメージが酷かったです。

       

      ポケットの袋布は、最初から補強して作ったのであまりダメージは無かったですが、間口が一番

       

      ダメージがありました。

       

      想像だけでは追いつけない部分もあり、こういう風に実際に履かれているパンツを、持ってきてもらうと

       

      その中に、情報がぎゅうぎゅうに詰まっていて、新しく作る時にさらに補強しなければいけない部分が

       

      リアルに見えてきます。

       

      でも補強ばっかりしていると、ゴテゴテして、重くなってしまうので、バランス感覚がとても重要になってきます。

       

      服作りは面白いですね。

       

       

       

      最近、「クレイジージャーニー」というTV番組にドハマリしています(僕はYOUTUBEで見ています)。

       

      僕の仕事は一人で工房で、永遠作業しているので、かなり孤独になってしまいます。

       

      その時に、YOUTUBEに手を出してしまうんですな(笑)。

       

      世界の辺境とか裏側を見せてくれる番組です。

       

      僕にとっては、この番組によく出てくる丸山ゴンザレスとか佐藤健寿とかが、スーパーエリートでリスペクトしまくって

       

      ます。

       

      世界は危険なところが多く、でも行く前にそういうことを知っておくと、危険を回避する確率が高まってくると思いま

       

      す。

       

      世界奇界遺産とか見たくてうずうずしちゃいます。

       

       

       

       

       

       

       

       

      Check
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << September 2016 >>
      PR
      e-mail
      missin.a@ymail.plala.or.jp
      工房
      〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      イルカの日 [DVD]
      イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
      ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
      ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
      博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
      Recommend
      Recommend
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

      胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
      Recommend
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
      エリザベス・クラーラー
      この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
      アニータ・ムアジャーニ
      全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM