high land church
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

VOYAGERジーンズ制作中

 

外脇に縫い目がない構造のジーンズを作っています。

見た目は普通のジーパンなんだけど、何かが決定的に違うというもの。

今そのプロトタイプを数か月間、履いていますが気付く人は誰も居ません。

でも履いている本人は、とても気持ちが良く、ストレス感がありません。

脇に縫い目がないだけで、これほど違うものなのか。

ストレッチではないデニムなのですが、妙な伸縮感を感じます。

 

 

 

 

帆布パッチのシルクスクリーンの版も作った。

型紙作って、制作していきます。

10月1日のフリーライドのイベントにも数本持っていきます。

 

 

01:12 | comments(0) | trackbacks(0)

TSUMORI CHISATOのジーンズのカスタムオーダー完成

 

紹介遅れてすいません。

TSUMORI CHISATOのジーンズのカスタムオーダーが完成しました。

持ち込みのジーンズがストレッチデニムのものだったので、それも考慮して型紙を制作しました。

サイズ感大丈夫だったかな?

使用した生地は、14〜14.5オンスくらいのセルビッチデニムです。

繊細な縦落ちをするデニムです。

 

 

 

 

フロントポケットの向こう布や腰ヨークの部分の生地を微妙に切り替えてあります。

12オンスのセルビッチデニムです。

色落ちが早めなので、経年変化でもっと色の明暗が出てきます。

この写真はまだ未洗いです。

 

 

 

 

タンニン鞣しの牛革です。

この色はお客様の要望です。

 

 

 

バックポケットからちらっと見える、プリントタグ。

 

 

 

六十ハップにて硫化した銅無垢打ち抜きリベットを、さらに丸く潰してあります。

 

 

 

シルバー925のミシンボタン。

このミシンのボタンは真鍮のものと共に残りわずかです。

 

 

 

裾がちょこっとフレアーしています。

 

 

 

持ち込みのTSUMORI CHISATOのジーンズ。

 

 

 

股上の深さや、ポケットの位置は変えてあります。

サリエルパンツのように股上が深めだったので、浅く修正を行っています。

左、持ち込みのもの。右、制作したもの。

 

 

 

フロントポケットの間口のラインは、WRANGLERのような斜めのラインにしました。

 

 

 

洗い加工後の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

六十ハップではない薬品で、真鍮無垢のドーナツボタンを黒メッキしてあります。

徐々にメッキがはがれ、真鍮の黄色が見えてきます。

 

23:33 | comments(0) | trackbacks(0)