2015.03.13 Friday

シルクスクリーンの製版

0

    タフエリートの新作Tシャツの製版作業を行いました。

    デザインデータはメールで送ってもらい、それを元に原稿を作りました。

    パソコンのプリンターでプリントアウトし、そしてそれをコンビニのコピー機で要望の寸法にコピーします。

    そのコピーしたものが、シルクスクリーンの製版の原稿になります。




    タフエリートのK氏は、架空の人物を設定しその人物がどのような人生を送っていくのか、そしてどのような服やカバンや身に着け

    るものと出会っていくのかというストーリーを考え、それを現実化するのが、こういう企画であるという。

    Bully Mortor Oilという会社で働いている時の、スタッフTというところだろうか。




    製版し終わったところ。

    白く見えるところにインクが載り、プリントされます。

    2枚目である。1枚目は失敗しました〜(穴だらけになってしまった)。




    染み込みインクの赤にて試しプリント。

    シルクスクリーンは製版する時にポツポツと小さい穴が出来てしまう時があるのですが、試しプリントしながらその穴を塞ぐ補修作

    業をします。

    こんな感じでシルクスクリーンの製版作業しました。


    TOUGH ELITE(タフエリート)というブランド名で、受注生産を行います。

    販売についてのお問い合わせはこちらまでお願いします。→TOUGH ELITE(ameblo)

                               TOUGH ELITE(FACEBOOK)

     
    2014.02.26 Wednesday

    ペンキステッチのシルクスクリーンの版制作

    0
      今作っている、大戦モデルのジーンズのバックポケットにプリントする、シルクスリーンのペンキステッチの製版と、フロント

      ポケットのスレキにプリントする文字の製版を行いました。




      剃刀をイメージしての、ペンキステッチです。

      色は、黄、赤、黒を混ぜ、作りました。

      黒を多く入れ過ぎたので、普通のブラウンになってしまいました。

      もっとオレンジっぽく、金茶糸の色に近い感じで、色を作り直します。



      フロントポケットの袋布に入れるステンシル風文字。

      FOR THE DURATIONとは、戦争が終結するまで、という意味。

      リーバイスの大戦モデルでは、バックポケットに差し込んである、紙のフラッシャーにこの文字が入っていました。

      KA−TR11は謎の文字。




      Tシャツくんという、製版機にて、製版をする。

      製版をするには、多少のコツがいります。今まで数多くの失敗をしました。

      今回は、一回で成功です。
      2013.08.20 Tuesday

      抜染&シルクスクリーンのTシャツ

      0
         
        7.1オンスのヘビーウェイトのTシャツに、拔染とシルクスクリーンプリントのコンビで、

        プリントTシャツを作りました。

        台所用漂白剤と洗濯糊を混ぜ合わせ、拔染糊を作り、コンパスを使って厚紙を丸く切り取り、

        それを使って、拔染してみました。

        きちんと色が抜けていないのが、月っぽくていい感じになりました。

        それに重なるようにアレチノスリをシルクスクリーンプリント。

        シルエットっぽい感じです。

        ゴールドと黒、それぞれ雰囲気が出ました。








        月のエッジは、霧吹きで水を吹きかけ、少しぼやかせました。

        燐光を発している感じが出たと思います。
        2013.06.22 Saturday

        JET NEEDLE

        0

          久し振りに、シルクスクリーンプリントの注文がありました。

          JET NEEDLE(ジェットニードル)というロックバンドをやっている方からのオーダ

          ーです。

          以前(6,7年前)、知多市新舞子のライブ&バー?LIMAで昼間だけ、店を借りて(仕立

          屋&喫茶くもの巣カフェ)やっていた時のお客さんです。

          くもの巣カフェってすごい名前だな(笑)。


          シルクスクリーンの版はまだ残っていたので、プリント代だけ頂きました。


          この版を作るのは、難しくかなり悩みました。

          2色使いで、三つの版を組み合わせて、プリントしてあります。

          版の枠の大きさと、お客さんのプリントの部分の大きさの要望が合わなかったのですが、断る

          ことが出来ない+注文を受ける時は楽観主義になるので、受けてしまいましたが、完全に行き詰

          まりました。

          夢の中で、それを具現化できる着想を得たのですが、起きたら全て忘れてしまいました。

          しかし、完成できるんだという突破感だけは残ったので、すぐにパソコンで、色々デザインを

          いじっていたら、出来ることが出来ました。(みなさん付いて来てくれてるでしょうか?)

          夢で難題をクリアーしたのは、これだけかもしれません。



           



          JET NEEDLE、活動しているみたいです。

          今日は金山駅のロータリーのところでやると言ってましたが、時間は教えてくれなかった。



          2012.07.18 Wednesday

          ジェットの針

          0

            以前、JET NEEDLEというバンドをやっている方からのオーダーで、プリントTシャ

            ツを作りました。

            デザインはFUDEMAEという方が、書いたもので、僕はシルクスクリーンの版制作とプリ

            ントを行いました。
             
            JET NEEDLEというのはバイクのエンジンにガソリンと空気の混合気を霧状に噴射す

            る、キャブレターというものが付いていて、それを構成する部品の一つです(針状のもの)。

            それをバンド名にした、JET NEEDLEは、パンクバンドだったんだけど、今はどんな

            感じでやっているのかな。

            受けたのは6年前くらい。

            タツさん元気かな?






            プリントミスのもの。

            版がずれてしまいました。

            ボツにしてしまった為、自分で着てます。




            この前の日曜日、地元のお祭りがあったので、娘と奥さんでブラブラしてました。

            最近はこういうデザインの浴衣が流行っているんですね。

            娘にいろいろ服を作ってあげたいけど、なかなか出来ない。

            ハリコさんに頼もうかな。
            2009.08.01 Saturday

            モザイクスカル

            0
                おまかせで、スカルのプリントTシャツの注文をいただきました。



               頭がい骨の写真を、PHOTOSHOPにて加工。

               モザイクタイル風にしました。




               シルクスクリーンにて製版。




               試しプリント。

               少し分かりにくいですが、ゴールドと白です。



               

               プリントの位置はそれぞれずらして欲しいという、注文だったので、ずらしてプリント。






               ステンシルを厚紙を切り抜いて作成。






               割りばしの先にスポンジをつけたものでステンシルしました。
              2009.02.06 Friday

              真剣なお遊び

              0
                シルクスクリーン 

                 すごくたまに、でも無性にプリントTシャツを作りたくなる。

                ゲバラ写真

                 ある雑誌に載っていた、キューバの革命戦士チェ・ゲバラとフィデル・カストロの写真である。

                 1963年6月4日、キューバの国営テレビスタジオで、話し合う二人。

                 ソ連から帰ってきたばかりのカストロと、キューバの未来について語り合っているのか…

                 想像がふくらむショットである。

                 哀愁の漂う、伏せた目のゲバラの表情が、たまらなくいい。

                Tシャツ道具

                 左が製版のときに使うブラシ、真ん中はプリント用のインクを乗せたり混ぜたりするヘラ、右は印刷

                 するときに使うヘラ(スキージといいます)。
                布に印刷


                 一番上の版を使って、布にプリントしてみました。

                 哀愁感のあるゲバラの表情が出たような?

                 自己満です。

                 なお、ゲバラとカストロの2ショットの写真はフリーカメラマンのこんどう あきとしさんが撮影された

                 もので、著作権があるので、商品にはできません。 あしからず。

                 今回は制作過程の写真をあまり撮っていなかったので、くわしく紹介できませんでしたが、できるだ

                 け多くの写真とともに、服の制作過程の紹介をしていきたいと思います。
                 

                 
                Calendar
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << August 2017 >>
                PR
                e-mail
                missin.a@ymail.plala.or.jp
                工房
                〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
                FAX
                0569−35−5085
                携帯
                090−1725−7950
                Selected Entries
                Categories
                Archives
                Recent Comment
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                イルカの日 [DVD]
                イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

                実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
                ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
                ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
                博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
                服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

                胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
                Recommend
                光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
                光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
                エリザベス・クラーラー
                この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                Recommend
                喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
                喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
                アニータ・ムアジャーニ
                全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
                Links
                Profile
                Search this site.
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM