2017.04.27 Thursday

フリーライド ヴィレッジマーケットVOL.20出店しました!

0

     

    4月23日(日曜)に開催されたフリーライドヴィレッジマーケットに出店しました。

    天気もよく暑いくらいでした。

    太陽のもとで見るデニムは野趣にあふれいい感じです。

    接客する時は、蘊蓄(うんちく)おじさんになって、喋りまくります。

    僕しか知っていない情報をなんとか伝えたくて。

    いつもうっとうしくてすいません。

     

    前日の土曜日に名古屋の緑区にある酒蔵「鷹の夢 山盛酒造」で僕の好きな「夜のストレンジャーズ」のライブが

    あったので、飲み仲間のMさんと行ってきたのですが、酒蔵でのライブということで酒をスイスイ飲んでたんですが、

    悪酔いし(夕方から急に寒くなった為か)夜ストのライブが始まる前に、ぶっ倒れてました。(笑)

    一番のお目当ての夜ストのライブは、最後の方だけちょっと見れました。

    Mさんは一番前の方で、踊り狂ってました。(ちょっと悔し)

     

    今回はタフエリートの商品も持っていき、お客様に説明させて頂きました。

    海外のショップでも売られている、インターナショナルなブランドですよ。

    ミシンアディクトは製作に携わっています。

     

     

     

     

    いつものようにアウトドア用の、着替え室。

    暑かったようです。

     

     

     

    写真があまり撮れなかったので、フリーライドさんのブログをリンクしておきます。

    こちらの方が、イベントの様子が良く分ります。→フリーライドブログ

    フリーライドさん今回もありがとうございました!

    買って頂いた、お客さまもありがとうございます!

     

     

     

    2017.04.21 Friday

    4/23(日)にフリーライドのイベントに出店します!

    0

       

      いつも告知遅れてすいません。

      4/23(日)に半田のフリーライドカフェにてヴィレッジマーケットとライブが行われます。

      ビール飲みながらライブを聞くのも乙なもの。

      食べ物屋さんも、おいしいですよ。

      ミシンアディクトも出店します。

      ぜひ遊びに来てくださいね。

       

      フリーライドカフェ ヴィレッジマーケットVol.20  4/23(日) 10:00〜17:00

      半田市有楽町3−230−8 

      TEL 0569−23−0342

      駐車場は青山駅周辺の有料駐車場をご利用くださいね。

       

       

       

       

       

      去年食べた、ハンバーガーうまかったです。

      個人的に ランタン〔POW WOW〕というのが気になる。

       

       

      2017.03.26 Sunday

      ひるあんどんの手作り市

      0

         

        昨日から開催している「ひるあんどん」での手作り市です。

        PM1:00〜PM4:00までの短い時間での開催ですが、多くの人に来ていただきました。

        ありがとうございます。

        紹介している写真は、昨日のオープン前のものでもう売れている作品も多数あります。

        多田さんという70代の作家の方と、少しお話させて頂きましたが、同じクリエイターどうし話も弾みます。

        年齢は関係ないですね。

        かなり作りこんでいるんでハンドメイド感があるんですが、どこか粋な感じの作品を作られる方です。

         

        ひるあんどんでの手作り市31日(金)までやっています。

        ぜひお越しください。

         

         

         

         

         

         

         

        右手の方にある、浴衣パッチワークのクッションは、激安です。

        かなり売れてました。

         

         

         

        さをり織、さき織のパッチワークのカバン。

        陶器のカップも600円からあります。

        いい感じのコーヒーカップがあったので、購入しました。

         

         

         

        このジャンパースカートのオーダー受け付けました。

        ミシンアディクトのジーパンのファンの方から。

        去年掲載してもらった、地域情報誌Stepをみて、僕の顔が分かったとのこと。

        ありがとうございます。

         

         

         

        流木で作ったいす、というか子供の玩具でしょうか。

        苔玉なども作られているおじさん作家の作品です。

        みなさん買ってかれましたね。

         

        ひるあんどんの庭の感じもよかったのですが、写真撮るの忘れました。

        今日みたいな雨の日の方が緑が映えますね。

        ぜひお越しくださいね。

        オーナーの間瀬さんのコーヒーも飲めます。

         

        〒475−0029 愛知県半田市亀崎常盤町4-79(JRの亀崎駅から歩いて7分くらい、車の方は駐車場もあります)

        0569−28−0200

         

         

         

         

         

        2016.09.28 Wednesday

        FREE RIDE CAFE VILLAGE MARKET VOL.19

        0

           

          毎回、お誘いがあるのですがゆるーい感じで出店させてもらっている、FREE RIDE CAFE VILLAGE

           

          MARKETが10/2(日)にあります。

           

          今回は出店します。

           

          フラッとした感じで遊びに来て下さいね。

           

          ちなみにアップしたばかりの仮縫いのウェスタンシャツは、FREE RIDE CAFEの店主のマイちゃんのもので

           

          す。

           

          マイちゃんの10月のアメリカ旅行の前までに仕上げる予定です。

           

          オーダーも受け付けてますよ。

           

           

           

           

           

          FREE RIDE CAFE

           

          イベント時は駐車場はありませんので、青山駅周辺の有料駐車場をご利用下さい。

           

          よろしくお願いしますっ。

           

           

           

          2015.10.06 Tuesday

          フリーライドのイベント、ありがとうございました!

          0

            昨日の日曜日に、フリーライドカフェのヴィレッジマーケットに出店しました。

            ライブも同時進行のイベントなので、ライブ聴きながら、ビール飲みながら、お店出しました。

            一日暑いくらいの晴れで、ビールがうまかったですね〜。

            フリーライドの敷地内にあるHimi Leather(オリジナルのレザー小物)さん夫妻のフルオーダージーンズ

            も丁度出来上がったので、持って行ったところ、Himi Leatherさんが一日履いてくれました。

            収縮率の激しいキバタデニムのフルオーダージーンズなので、どきどきだったのですが、サイズなど良かったみたいで

            す、ありがとうございます。

            上の娘も一緒に一日いたんですが、人見知りしない性格で、一人でウロウロとライブ聴いてたり、お店の人と話したり、

            同年代くらいの子と、すぐ友達になったりと、僕とは性格が真逆で、尊敬してしまう。

            イベント出店すると、いろんな出会いがあるので、やはり楽しいです。

            岡山デニムのこととか、型紙、モノづくりの仕方とか、うんちくを語りまくってしまうのですが、聞いてくれた方々どう

            もありがとうございました。ビールも入っているので、語りすぎたかな。

            ポツポツと作品も売れ、オーダーの相談も受けました。

            フリーライドのイベントはでかいホームパーティーみたいな感じです。

            次回も出店する予定してます、よかったら来て下さいね。




             
            2015.10.03 Saturday

            フリーライド ヴィレッジマーケット Vol.17 2015.10.4

            0

              半田フリーライドカフェのフリマ&ライブのイベントに出店します。

              11:00〜17:00

              明日晴れますように。

              アメリカを旅したばかりの店主の舞さんの話も楽しみです。





              2015.02.12 Thursday

              岡本太郎記念館と浅草

              0

                東京へ行って2日目は、念願の岡本太郎記念館へ行く。

                朝の雨がだんだん、みぞれになってきた。

                寒い。品川シーサイドという駅から渋谷まで行き、コインロッカーへ荷物を預け、銀座メトロに乗り表参道駅へ。

                みぞれの中、岡本太郎記念館まで10分くらい歩く。

                前日のギフトショーを見て回っている途中、左足をつってしまったので、まだふくらはぎが痛い。

                普段の運動不足をこういう時に痛感してしまう。

                開館時間前に着いてしまったので、中のSHOPを見させてもらいながら待つ。

                「美しく怒れ」という本を見つけた。

                短い言葉だけど、何このハートの掴み感!

                「怒らないのは堕落である!」 と、帯の言葉。

                この本、買いました。

                岡本太郎節、炸裂ですな。大好きです。




                庭のオブジェたち。

                柔らかくとんがっている、しかも直線がどこにもない。

                岡本太郎の作品はそこに徹底的にこだわっていると思う。

                直線がどこにもない...

                植物と違和感なく収まっている。

                この造形コンセプトが未来の形だと思う。

                常に先に行ってた人だと思う。

                だから付いて来れない人もたくさんいた。







                岡本太郎記念館は、岡本太郎が住んでいた家をそのまま解放して記念館にしてある。

                この場所はアトリエ。床にこびりついた絵の具の感じがいい。




                息抜きにピアノ弾いて、シャンソンでも歌ったのであろう。

                この写真見ると、保育園みたいですね。

                傷だらけの床がなんかいいんですな。

                胸が切なくなる感じ。






                蝋人形です。

                小学校の低学年くらいの顔ですな(いい意味で)。

                いい顔してますな!




                岡本太郎の言葉展というのをやっていた。

                弱虫の自分を垂直に貫くような言葉。

                貫きながらもやさしく包み込むような言葉たち。涙が出ました。












                泣けるな〜。

                朝から、太郎に泣かされてしまいました。





                岡本太郎記念館からラギッドミュージアムへ行き、そして外苑前からまた銀座メトロへ乗り浅草へ。

                車内放送で東京スカイツリー駅が、浅草駅から一駅で行けることが分かり、スカイツリーへ行くことにする。

                そして昇ったのだが、この写真のように霧で真っ白であった。

                昇る前に分っていたんですけどね。展望台350mです。

                エレベーターは気持ち悪くなることなく、昇り降り出来ました。

                さすが日本の技術と心底思う。




                浅草、五重の塔...

                1973年製。

                江戸時代建立の五重塔は1945年の東京大空襲で焼失したという。

                ちなみに世界最古の五重塔は奈良の法隆寺のもの(7世紀末〜8世紀初め)。

                見れば見るほど不思議な形状の建築物ですな。




                浅草寺の雷門である。

                実は浅草初めてです。

                名古屋で言うと大須に良く似た雰囲気でした。

                東京の大須みたいな...

                一人でグルグル歩きました。




                テーラーだった僕の祖父はテーラー修行の為、15歳から30歳くらいまで浅草にいました。

                浅草寺にもよく来たんだろうなあ。

                おばあさんは秋葉原の人で、東京で出会い結婚しました。

                どこら辺へデートに行ってたんだろう。

                銀座で銀ブラかな。




                浅草の次は渋谷に行きあてどもなく歩く。

                みぞれなので、濡れるは寒いわで、楽しんで歩けなかったのでMENS109とか入りぶらぶらと見て回る。

                帰りの新幹線が21時半なので、時間をつぶそうと思っていたのだが、早めに東京駅に行こうと決める。

                東京駅でおみやげとか買い、新幹線の待合室で3時間、本を読みながら待つ。

                そして名古屋駅に着いたのが23時半ごろで、常滑までの最終に間に合わないので、金山のカプセルホテルに泊まる。

                44歳にして初めてカプセルホテル泊まりました。

                そして翌日朝早く、カプセルホテルを出て、常滑への帰路に着く。

                下の娘は行く前から風邪を引いていて、帰ってからも治っておらず、体調の悪さからか瞼が腫れたまんま。

                お父さんのこと覚えててくれたかな〜と言うと、にっこりと笑ってくれました。


                長々と読んでいただきありがとうございました。



                 
                2015.02.08 Sunday

                有明、東京ビッグサイトへ

                0

                  2月の4日(水)、5日(木)と、東京のビッグサイト展示場へGIFT SHOW見に行ってきました。

                  日本最大級のGIFT(生活雑貨と呼ばれているもの)の展示会なので、規模があまりにもでかく一日では見て回ることができ

                  なかった(ビッグサイト展示場全館使ってます)。

                  フラフラと漂うようにして歩いていると、自然に自分の好きなブースに辿り着く。


                  天然藍で染めものをやっている工房の方とか、草木で布や革を染めている(桜でもの凄く綺麗なピンク色に染めていて感動しま

                  した)工房の方とか、岡山でジーンズのビンテージ加工をしている会社の方とか、倉敷で麦わら帽をハンドメイドで作っている

                  お店の人とか...他色々な会社や工房の方たち。

                  自らが製作に加わっているような人たちが好きですな。

                  ものづくりの同志として、普通に会話ができるんです。

                  ミシンアディクトのパンフレットも持参していき、配ったんですが、商売大変でしょうといっていつも心配されてしまう

                  (笑)。

                  頑張って下さい、注文待っていますと言われると、俄然やる気が湧いてきます(単純です)。

                  素晴らしい人たちにたくさん会う事ができました。




                  東京駅から無料のシャトルバスが出ているので、それに乗ってビッグサイトまでダイレクトに行けます。

                  GIFT SHOWのパンフレットを行く前日に眺めていたら、その情報書いてありました。

                  普通に電車で行こうと思ってたんですが、良く見てよかった。





                  天然藍(植物の藍)で染めものをされている方の指。

                  藍で染まっている。

                  洗ってもとれないとのこと。まさに藍染め士の証。

                  合成インディゴ(ピュアインディゴ)と天然藍(ナチュラルインディゴ)との違いは粒子の細かさにあると言う。

                  多分、目は肥えているので見ていて分ったのだが、天然藍の方がその色に透明感があります。

                  そして華やかな感じがしました。

                  藍染めは濃く染めれば染めるほど、その表面は赤い光沢がでるそうです。

                  ウールの生地を染めたものを見せてもらいましたがホントにそうなってました。


                  天然草木の染めのものと、合成(化学)染料の違いは、その粒子の細かさかもしれない。

                  粒子が細かい=華やか という方程式も分ってきました。






                  常滑のリアルワークスさんのブース。

                  GIFT SHOWと同日程で、同じ敷地内でやっているマニコレというイベントです。

                  マニコレはクリエイターズマーケットに似ている雰囲気でした。

                  僕がいる間にも次々と商談する人が来てました。

                  掛かっているエプロンはリアルのIさんが作っているものです。


                  夜は、大井町というところへ、立ち食いの寿司を食べに連れて行ってくれました。

                  うまいし、安いし(破格です)店主もいい感じの人でした。また行きたいところが増えました。

                  今回の東京行きはリアルワークスのIさんに大感謝です。


                  そして二日目は、岡本太郎記念館、浅草、スカイツリー、渋谷などに行く。

                  また報告します。







                   
                  2014.12.22 Monday

                  フリーライド 革ジャンDAY出店しました!

                  0


                    12/20(土)フリーライドカフェの革ジャンDAYに出店してきました。

                    外での出店を予定してたのですが、雨だったので店主のマイちゃんの好意により店内で出店させて頂きました。

                    奥のテーブルを一つ陣取り、ジーパンを並べました。

                    試着はその場で出来なかったので、フランス雑貨のポレットさんやタイ式マッサージのTiffinさんの店舗をお借りしまし

                    た。

                    工房だとその場で、試着される方も多いのですが(もちろん男性です)カフェ内だとやはり恥ずかしいですよね。

                    ライブと煙草とアルコールの匂い、かつてLIMAでやっていた時のことを思い出しました(ライブ&バーLIMAに入ると何

                    故か薄暗い照明の中一人黙々とミシンを踏んでいる男がいる。妙な光景だったと思います)。

                    今回は新生インディゴダイバージーンズを試着してもらったり、オーダーももらいました。

                    ありがとうございます。

                    不思議な縁でお声をかけて頂いているフリーライドさん、またよろしくお願いします。



                     
                    2014.12.19 Friday

                    12/20 革ジャンDAY

                    0
                      いつもお世話になってる半田のフリーライドカフェさんで、明日の20日(土)の17:00から革ジャンDAYというイベント

                      があり、そこに出店します。

                      みんな革ジャン持ってるけど、あんまり着ないからこういう企画したとのこと。

                      まさにそうですね。

                      いい企画じゃないでしょうか。


                      ライブと甘いものと暖かいもの、ジーパンも売ってます。INDIGO DIVER持っていきます。

                      暖かい格好して来て下さい。

                      お待ちしてます。








                      バズリクソンズのA2着て行きます。

                      買ったのは15年以上前。

                      頻繁に着る時と全然着ない時で、差が激しいです。

                      タイトなのでシャツ感覚で着れます。




                      最近思い付きで、A FAREWELL TO ARMS 武器よさらば と刻印。

                      ヘミングウェイの著作名。

                      「私が愛したヘミングウェイ」というドラマがクライブ・オーウェンとニコール・キッドマンが主演であるみたいですが、見て

                      みたい。

                      戦争写真家のロバート・キャパとも友人同士だったみたいで、似たような雰囲気を持っていますね。

                      男が憧れる男たちですな。
                       
                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      PR
                      e-mail
                      missin.a@ymail.plala.or.jp
                      工房
                      〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
                      FAX
                      0569−35−5085
                      携帯
                      090−1725−7950
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      イルカの日 [DVD]
                      イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

                      実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
                      ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
                      ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
                      博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
                      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

                      胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
                      Recommend
                      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
                      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
                      エリザベス・クラーラー
                      この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
                      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
                      アニータ・ムアジャーニ
                      全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM