2017.04.09 Sunday

12オンスのセルビッチデニムとベージュのストレッチデニムのジャンパースカート

0

     

    半田の亀崎にある「ひるあんどん」の手作り市でのオーダーを受け、ジャンパースカートの生地替えと

    リサイズにて制作しました。

     

     

     

    ブルーデニムの方は、背が低い方からのオーダーだったので、胸当て部の上下のサイズを3cmほど詰め

    制作しました。

    ベージュデニムの方は、胸当て部のサイズを気持ち詰め、ウェスト、ヒップのサイズを大きくして制作しました。

     

     

     

     

     

    白ステッチが効いています。

    もちろん綿糸で縫製しています。

     

     

     

     

     

    今日はセントレアの4Fのイベントプラザにて、娘が通っているダンススクールのイベントがあります。

    13:00〜20:00くらいまで。

    最近ディズニー映画の「モアナと伝説の海」にはまっていて、主題歌をずっと歌ってます。

    昨日はお母さんと、家にあるありあわせの生地でモアナっぽい衣装を作っていました。

    これがまたそれっぽい雰囲気になって、いい感じです。

    今日はモアナも踊ります。

    頑張っている姿を見に行こう。

    娘よりも緊張しちゃってますけど。

     

     

    2017.03.31 Friday

    麻シャンブレーのフリルワンピース

    0

       

      お客様から持ち込みの生地と持ち込みの型紙で、麻シャンブレーのワンピースを作りました。

      型紙と生地の持ち込みなので、ただ純粋な裁断と縫製作業です。

      フリルとかはあまり作ったことがなかったので、勉強になりました。

      正バイアスに生地を帯状に裁断し、ギャザーを寄せるだけなんですが、とても表情が出ます。

      無地の生地だとシンプルになりすぎるんですが、同布でフリルを付けるだけで、表情豊かになるんですね。

       

       

       

       

      このランダムなギャザー感が、波とか枯葉とか昆虫の翅とかを連想させます。

      レディースのデニムジャケットにこういうフリルを付けてもいいかもしれない。

      アイディアがいろいろ湧いてきます。

       

       

       

      肩のギャザーもいい感じです。

       

      このお客様は布がとても好きで、以前はリバティの生地を個人輸入するくらい好きだったそうです。

      ただ縫製が苦手とのことだったので、今回注文してくれました。

      ありがとうございます。

       

      フルオーダーでもワンピース作ります。

      お気軽に、相談してくださいね。

       

      2017.03.22 Wednesday

      ベージュデニムのジャンパースカート

      0

         

        ベージュデニムでジャンパースカートを作りました。

        本格的なオーバーオールの仕様になっています。

        スカート丈も長めで、ワークエプロンのような感じで、カッコよくなりました。

        この作品も「ひるあんどん」の手作り展に出品します。

        ちなみに25日(土)は僕もいますのでぜひ来てくださいねー。

         

         

         

        多少ストレッチが効いている生地です。

         

         

         

         

        後ろ身頃はスッキリして細く見えます。

        裾はスリットが入っています。

         

         

         

         

         

        レザーに手打ち刻印。

         

         

         

        生地を替えたりとか、サイズを替えたりしてのオーダーを受け付けています。

        お気軽に相談してくださいね。

        待ってまーす。

         

         

         

        2012.07.24 Tuesday

        シャンブレーのピンタックワンピース

        0
          常滑市のKHさんからのオーダーです。

          耳付きのシャンブレー地で、ピンタックの長袖ワンピースを作りました。

          フロントはピンタック左右10本づつ、背面はギャザーをたくさん入れ、ふっくらとした印象

          になりました。








          洗いをかけると、ピンタックが複雑な表情を見せ、まるで波のようになります。

          夏って感じです。




          シャンブレーに貝ボタンは似合いすぎです。

          海の中にいるようなワンピースが出来ました。


          夏に聞きたくなる曲。

          ジャック・ジョンソンのSITTING,WAITING,WISHING」。

          引いては寄せる波のように、レイドバックするメロディーとビート、サーフィンをしているよ

          うな感覚になる。

          と言っても一回しかやったことはないですが。すみません。

          哲学的な歌詞と、どことなく影のある曲調。

          駆り立てられます。


          もう一曲。

          AJICOの「深緑

          AJICOは2000年から2001年まで活動した、ブランキージェットシティの浅井健一と、

          UAのコラボバンド。

          奇跡のコラボじゃないでしょうか。

          ゾクッとするほどカッコイイです。

          聞いてみて下さい。





          2009.06.30 Tuesday

          クラシック・タック・ワンピース

          0

              空の花にワンピースを2枚、納品しました。





             1点目は、マルチストライプのシャンブレー生地で作ったタックワンピースです。

             生地は薄く、とてもやわらかいです。




             タックのしわしわ感がいい感じです。




             バックはジーンズのバックルバック風にしました。




             右側だけ生地の耳を利用して丸形ポケットを付けました。




             2点目は、1940年代の生地を再現したピンチェックを使って作りました。

             1点目のシャンブレーよりも、厚みがありしっかりしてますが、着込んでいくととてもやわらかくなって

             いきます。

             同じ型紙を使っているので、形は一緒です。




             

             ボタンはビンテージの練りボタンです。


             サイズはバスト88センチ、背中にタックでゆとりをもたせてあるので、ゆったりと着る事が出来ま 

             す。

             着丈は約1メートルです。

             縫製糸は全て綿糸で生地に自然になじんでいます。

             

            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            PR
            e-mail
            missin.a@ymail.plala.or.jp
            工房
            〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
            FAX
            0569−35−5085
            携帯
            090−1725−7950
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            イルカの日 [DVD]
            イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

            実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
            ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
            ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
            博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
            服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

            胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
            Recommend
            光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
            光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
            エリザベス・クラーラー
            この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            Recommend
            喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
            喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
            アニータ・ムアジャーニ
            全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM