2011.06.26 Sunday

フルオーダーのTシャツ

0
     

    宮崎県都城市のKさんよりのオーダー。

    ピンチェックと、サルファーモスグリーン(グレー?)デニムのアーミーハット。

    最近はあまり話題にならなくなってしまったが、新燃岳からの灰がいまだ凄いそうである。

    夏に最適のアーミーハット、写真は未洗い状態ですが、洗ってから送りました。





    知多半島の先端近くにある、内海。

    その山の上の方に土地を借りて、自然農法を行っている人たちがいる。

    ミシンが壊れたとの連絡を受け、出張修理に出かけた(本職ではありません。趣味です)。

    土地を開墾し、野菜を植え、育てるというやり方ではなく、いわゆる雑草と呼ばれている草花たちを刈

    らずに、野菜を植え、育てている。

    ハーブもたくさん植えてあり、その匂いを指先でこすって嗅いでいると、とても癒される。

    ティピーを覆う布を縫うために使っていた、下糸が巻けなくなっていたミシンも一応修理できました

    (中のゴム替えた方がいいですね)。

    何度も行きたくなる場所。

    もらったサラダ菜、すこし苦味のある野生の味。

    元気がもりもり沸いてきました。




    そこに行く途中の、風景。

    壮大なパノラマだったが、写真では伝わらないかも。




    彫金職人のMくんよりのオーダーTシャツ。

    デザインのためしプリント。

    チェーンと、チェーンにかかっている、孔雀の羽根、鹿の角の部分は、版を三つ作り、へらで三回摺っ

    てあります。

    位置合わせや、摺る時のへらの角度、力の入れ具合が難しいです。

    片手で枠を押さえ、片手でへら(スキージ)を引くのですが、左右均等に力を入れなければ、濃淡が

    できてしまうので、きれいに摺るのは、難しいんです。

    職人技です(なんちゃって)。

    文字の部分は、バックの衿下に入ります。




    Tシャツも型紙から、作ります。

    これは形、寸法を確認するための試作品です。


    最近聞いている、忌野清志郎。

    ダーリン・ミシン
    というミシンの歌がある。

    今まで、ミシンを題材にした歌など聞いたことがなかったので、なんかじわじわ感動してしまった。

    仕事や趣味でミシンを使っている人のテーマソングですね。

    ミュージシャンの皆さん、ミシンをテーマにした歌、作ってください。


    忌野清志郎が亡くなる、2ヶ月前に作った、ラストソング。

    OH!RADIO

    この曲を聞いている間は、別の時間が流れてるような、不思議な感覚。


    繋がっているのは 曇った空だけじゃなくて

    僕らの心 そう いつも

    何処かでひとつさ きっと Woh Woh


    OH! RADIO!

    聴かせておくれ

    あの頃が まんま蘇る あのナンバー


    OH! RADIO!

    聴かせておくれ

    この世界に 愛と平和のうたを



    この世界に、愛と平和の服を。

    僕らは作らなくてはいけない。

    THREAD MELODIEZ(スレッド・メロディーズ)という名で新しいことを、始めようと思っています。

    詳細はまた、後ほど。


    明日(日曜日)も工房オープンしてます。

    2010.06.17 Thursday

    もう一枚ポロシャツ

    0
       ワイン色に後染めしたニット生地と、ブラックシャンブレーのコンビネーションです。

      後染めしたニット生地は、多少ムラ感あり。

      でも雰囲気出てます。


      DSCN4364.JPG

      染めは楽しい。

      染料を溶け込ませた熱湯の中に手を突っ込んで(ゴム手袋してます)、ジャブジャブかき回して、繊

      維の中に色が染み込んでいくのを見るのは、妙な快感がある。

      うちの奥さんは草木染め専門、僕は化学染料専門です。

      どっちも、それぞれの良さがある。

      うっ、もうこんな時間。

      オーケン(大槻ケンヂ)の本読みながら、寝よう。
      2010.06.16 Wednesday

      イタリアンカラーのポロシャツ

      0
         イタリアンカラーのポロシャツのオーダーです。

        5月にHARPさんで、Tシャツ展(グループ展)のときに出品したポロシャツの、サイズ違いのオーダで

        す。

        このポロシャツは衿の形が変わっていて、型紙を作るのにとても時間がかかりました。


        DSCN4354.JPG

        衿の縫製は行程が多く、根気が要ります。


        DSCN4358.JPG

        切り替えてあるので、ボーリングシャツ風に見えます。


        DSCN4361.JPG

        水色のほうは定番のサイズではなかったので、型紙から作りました。

        型紙作りは時間が掛かってしまう。
        2009.08.04 Tuesday

        hanah と ポロシャツ

        0
            最近、R&Bシンガーのハナにはまっている。

           しっとりとした大人の世界観がある。

           一つ一つのフレーズや、一つ一つの音をとても、ていねいに歌っている気がする。

           じっくりと聴いていると、その世界に深く潜っていくことができる。




           ハナのALBUMを聴きながら、お店からのオーダーのイタリアンカラーのポロシャツを作りました。

           衿の構造がとても変わっていて作るのに、とても苦心しました。

           独特のエレガントさ、レトロさが出たんじゃないかと、思います。













           女性のトルソーに着せてありますが、メンズの形です。

           世界のどこにもないイタリアンカラーのポロシャツが出来ました。
          Calendar
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>
          PR
          e-mail
          missin.a@ymail.plala.or.jp
          工房
          〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
          FAX
          0569−35−5085
          携帯
          090−1725−7950
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          イルカの日 [DVD]
          イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

          実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
          ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
          ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
          博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
          服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

          胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
          Recommend
          光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
          光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
          エリザベス・クラーラー
          この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          Recommend
          喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
          喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
          アニータ・ムアジャーニ
          全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM