high land church
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

今池と夜のストレンジャーズ

 

昨日の夜は名古屋の今池にある「豆ねこ」という居酒屋にて、夜のストレンジャーズのボーカルの

 

三浦雅也のライブを見てきました。

 

ミシンアディクトのお客さんでもあり、飲み仲間でもある東海市のMさんと一緒に。

 

Mさんとはシンクロ率が高く、名古屋のこの駅で待ち合わせしましょうと決めて飲みに行く時は、必ずと言っていいほど

 

電車で会ってしまう(90%くらいか)。

 

そして格好もだぶってしまう。

 

昨日はインディゴダイバージーンズと靴はドクターマーチンでした、二人とも。

 

さて三浦雅也のライブである。

 

初めて見たんですが思ったより小柄な人でした。

 

声質とかがとても好きで、日常感たっぷりの歌詞を時にシャウトを交えて歌うんですが、たまらなくいいです。

 

ギターもとてもうまく指の動きとかを凝視しちゃいました。

 

4月にはまた名古屋に来るのでまた行きたいです。山盛酒造 鷹の夢「日本酒を楽しむ会」酒蔵ライブ(名古屋市緑区大高町字高見74)4/22(土)14:30開場 15:00開演

 

 

昨日はこれやっていないんですが、夜のストレンジャーズではこれが一番好きかな。STILL CRAZY

 

 

ミシンアディクトのLIMA時代(10年くらい前に新舞子のライブバーLIMAを昼間に借りての営業時代。

 

もうそんなに、、、)によく来てくれたJET NEEDLEというBANDのSさんとも再会し、嬉しかった

 

です。

 

 

 

 

21:10 | comments(0) | trackbacks(0)

REAL LOVE

 
フルオーダーで服を作っていくのは、とても時間がかかる(僕だからですが)。

ささいな努力をし続けること、でしか仕事を進めることができない。

地味そのものの作業が、ずっと続いていきます。

派手さは皆無です。

でもそこに愛があると、思っています。

ささいな、努力をし続けること、それが使命かなと思ってます。

JOHN LENNONREAL LOVE

全て、言いたいこと、歌いたいことを歌って、死んでいった人だと思います。

尊敬してます。
00:33 | comments(0) | trackbacks(0)

愛の唄

信用おけるクラフト仲間から、僕の携帯にメールが来ました。

以下全文です。

協力できる方、いましたら、ご協力よろしくお願いします。



知り合いからのメールです
自衛隊夫婦から協力していただける方がいたらよろしくお願いします。とのメール
 
転送していただけるだけでも助かります。
 
自衛隊では支援物資を受け付けています。
各県の県庁が窓口です。
 
まだまだ不足しているそうです。
凍える寒さの中、空腹に耐えて救助を待っておられる方が沢山いらっしゃいます。
状況は、ニュースよりもさらに哀しい状況とのこと…。
現地の方は希望を持って頑張っておられます。
どうかお時間のある方、宜しくお願い致します。
 
募集品目とご注意頂きたいこと
 
・衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。
・食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品)など。
・特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。
・衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。
・衣料はなるべく綺麗なものが喜ばれるそうです。
・なるべく1つの段ボールには一種類の商品⇒仕分けの手間が減ります。
・重くなり過ぎない様に。
・「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。
 
送付先
 
●宮城県県庁 ← 仙台あてはこちらへ
〒980-8570
仙台市青葉区本町3-8-1
[TEL]
022-211-2111
 
●岩手県県庁
〒020-8570
盛岡市内丸10-1
[TEL]
019-651-3111
 
●青森県県庁
〒030-8570
青森市長島1-1-1
[TEL]
017-722-1111
 
●福島県県庁
〒960-8670
福島市杉妻町2-16
[TEL]
024-521-1111
 
【その他全体の取組について】
 
防衛省 (代表)
03-5366-311


↑チェーンメールだったそうです。

情報を鵜呑みにして、ブログに掲載してしまったことを、お詫びします。

すみませんでした。



今回の地震はあまりにも規模が大きすぎ、時間がたつごとに被害の実態がわかってくる。

今まさに、救助を待っている人も数多くいるのである。

ひとりでも救助をされている映像を見ると、少しでも安堵の気持ちがわいてくる。

体も心も傷ついている人に、僕ができるのは、愛そのもので、できてるとしか言いようがないよ

うな唄を、紹介することです。

そもそも被災されている地域は停電のところが多いので、ネットなんか見えないし、そんな余裕もな

いと思いますが。

自分がやっていることが、矛盾だらけとおもいつつ、少しでも癒されてください。


カーペンターズ  レインボウコネクション

ジェームズ・テイラー FIRE&RAIN

QUEEN  TEOTORIATTE

シェリル・クロウ  SAFE&SOUND
12:32 | comments(0) | trackbacks(0)

工房にかける音楽

 発売日の前日に、JACK JOHNSONのNEW ALBUM 「TO THE SEA」を買った。

待ちに待ったALBUMである。

車で15分くらいの夢屋書店で買う。

娘を腕に抱え、店に入り、すぐ見つける。

家に帰り、じっくりと聴く。


   君の目を真っすぐに見つめながら

   大きな嘘なんてつけやしないさ

   僕に尽くせる最善のことは

   恐れを知らない愛し方を示してあげること

   愛しい我が娘よ

   君は僕の心を盗んで

   自分のものにしてしまったのさ

   君は僕の心を盗んで

   自分のものにしてしまったのさ


7曲目の「マイ・リトル・ガール」

目頭と胸が熱くなる。


   ようやく

   いくつもの季節を過ごして

   君の下した決断は

   わけあって海に行くということ

   さあ今、目の前には海原があるだけだ

        ・
        ・
        ・

   求めない

   待たない

   愛さない
  
   けれど憎しみもない

   僕はひたすらあなたに転がされ

   そして引きずり込まれていく


13曲目の「オンリー・ジ・オーシャン」

父親と友人を最近ガンで亡くされたそうだが、その人たちへの熱い思いが、こもっていると思う。

曲調もとてもメロウで、波の上にいるような不安定さと、包まれ抱かれているような温かさを感じる。

このアルバム、あるいは、ジャック・ジョンソン自身に、転がされ、引きずり込まれた。

今までのアルバムの中でも、最高傑作なのではないか、と思う。
00:03 | comments(0) | trackbacks(0)

夜のストレンジャーズと岡本太郎

以前、お客さんにずうずうしくも、CDを貸して下さいと言ったところ、車の中からCD−Rを持って来て

くれた。

課題曲,判颪い討△襪修裡達帖檻劼涼罎貌っているバンドの一つに「夜のストレンジャーズ」というの

があった。

なんとそのCD−Rをくれたので、それから作業中ずっと聞いていた。

聞けば聞くほど、虜になってしまった。

ロカビリー、ブルース、ブギーなどの要素が絡み合った、なんともカッコいい音を出している。

それにヴォーカルが叫ぶ詩に、心を捕らわれてしまった。

生活感あふれるその詩に、何故か気持ちは上がっていく。



何年かに一度、自分の中で岡本太郎ブームが来る。

1970年の大阪万博で、あまりにも有名な「太陽の塔」を作った人である。

エキセントリックな印象があるが、書いてある本を読むと、もの凄い熱い魂を持った、人間だということ

が分かる。

岡本太郎の著作の中で一番影響を受けた言葉を、ここに紹介する。

その本の締めになる言葉だ。


「人間本来の生き方は無目的、無条件であるべきだ。それが誇りだ。

死ぬのもよし、生きるもよし。ただし、その瞬間にベストをつくすことだ。現在に、強烈にひらくべきだ。

未練がましくある必要はないのだ。

一人ひとり、になう運命が栄光に輝くことも、また惨めであることも、ともに巨大なドラマとして終わる

のだ。人類全体の運命もそれと同じようにいつかは消える。

それでよいのだ。無目的にふくらみ、輝いて、最後に爆発する。

平然と人類がこの世から去るとしたら、それがぼくには栄光だと思える。」


岡本太郎著 「自分の中に毒を持て」


かっこいい。魂が震えるような言葉である。

岡本太郎にハートがわしづかみにされたのである。

23:56 | comments(0) | trackbacks(0)

音源

 作業中にかける音楽をとても重要視している。

 作業に合わないと、頻繁に音源を変え、全然落ち着かない。

 だから新しく買うCDなどの選択基準は、とてもきびしい(自分なりに)。

 時々聞いているラジオのエンディングに流れている曲が、かっこいいと思い、少し気になっていた。

 そしたら偶然そのアーティストがゲストとして登場。

 何曲か聞き、完全KO。 メロメロである。

 フェンダーローズというエレクトリックピアノを、メインの楽器として使った楽曲なのだが、そのピアノ

 の音の歪み具合、反響している感じとかが、最高に心地いい。

 なんか郷愁感が駆り立てられるのである。

 夕陽が似合うというか… 
 
 
 INO HIDEFUMI 「イノコロジー」。

 1年くらい、作業の時は毎日これかもしれない。

 
 昨日(23日)は、東海市の、ある個人宅のイベントに出店した。

 イベントの名前は「癒しの会」。

 かなりディープでコアなイベントだった。

 主催の方が作ってくれたビーフシチューはものすごくおいしくて、煮こまれたにんじんに完全KO。

 メロメロです。

 また来年も出店したいなあ。
 
23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
1