high land church
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

リニューアルのTHREAD MELODIEZのTシャツ


THREAD MELODIEZのTシャツのデザインが新しくなりました。

右手に持っているテレキャスターがよりリアルに、ミシンヘッドの部分もより硬質感が増しま

した。

まるで大地とへその緒のように繋がっているように見える、ミシンのベルト、足元の影はゴー

ルドの血が滴っているように見えます。

Chomisoさんのオリジナルデザイン。

カッコよしです。









知り合いの陶芸家を通じて、ミシンアディクトの存在を知ってくれた岡崎のMさん。

ジーンズの作り方を習いたいとのことで、今日からMさんの為のジーンズ教室始まりました。

僕が作った型紙を元に、裁断→アイロンの型付け→縫製→金具の取り付け→完成へと作業して

もらいます。

その合間合間に、工業用ミシンの練習、僕の蘊蓄聞き係などをやってもらいます。

人に、作り方を教えながら、自分も学んでる感じです。

とても勉強になります。

大ざっぱなO型(血液型)と言っていますが、工業用ミシンの腕もスンナリと上達していきそ

うな勢いです。

Mさんの携帯には太陽の塔のストラップが付いており、岡本太郎が好きな僕は「岡本太郎

繋がりですね」と言って喜んでました(僕の携帯にも太陽の塔のストラップが付いている)。

岡本太郎はカッコイイという、意見も一致しました。


23:15 | comments(0) | trackbacks(0)

THREAD MELODIEZのTシャツ

 
急に思いついて作った、スレッドメローディーズのTシャツ。

他のアーティストとのコラボや別注で、作品を作るときの名前として考えました。

ミシンの針先に絡んでいる、糸から発せられるメロディー(産声)、というような意味。

アーティストのchomisoさんが考えてくれた、デザインを特別な金色を作り(自分で色

んな種類の金属粉を調合して、布用インクに混ぜ作ります)、プリントしてます。




赤っぽいゴールド、真鍮っぽいゴールドなど。

白Tに金色が映えます。




ミシンを長時間やっていると、ミシンとの一体感が生まれるなどと、話していたら、こんな素

敵なデザインを描いてくれました。

ペダルを踏んでいる足の感じとか、ベルトが地上につながっている感じが、カッコイイです。





急に思いつきで作った為、メンズのSサイズしかありません。

すみません。

ハリコクチュールさんのイベントに持っていきます。

アンティークで、とんがっている金と、このデザインを見に来てください。

販売価格は2000円です。
14:58 | comments(2) | trackbacks(0)

アンティークなゴールド

 今日、午前中、シルクスクリーンの版を作っていました。

80メッシュのシルクスクリーン5枚、全て失敗してしまいました(文字モチーフがうまく抜

けず、その周りにボツボツと穴があいてしまった。

(メッシュとはシルクスクリーンの目の細かさで、メッシュの数が大きくなるとより細かいモ

チーフを表現できる。)

今回は金粉をインクに混ぜてプリントするので、80メッシュという比較的目の粗いシルクス

クリーンで、製版しました(インクが詰らないようにするため)。

普通は120メッシュくらいです。




少しオレンジがかった金です。

家の父親が以前、海外輸出用(ほぼアメリカだと思う)の人形に絵付けの仕事をしていたので

すが、その塗料がまだ残っておりそれを使いました。

インクが硬くなってきたときに混ぜる、バインダーというものがあるのですが、それと金粉を

混ぜて、金のインクを作り、プリントしてみました。

家の父親がその仕事をしていたのは、僕が物心つく前のことだったので、そうとう昔です。





そんなにメタリックではない、落ち着いたゴールドです。

少し赤みがかっているのが、アンティーク感、クラシック感を醸し出しています。




ブロンズパウダーと書いてあります。

今回使ったのはライニング・ディープ・レモンという色。

金でもいろいろあって、暗い金、明るい金、青っぽい金など、4種類以上はあると思います。

この塗料粉まだ売っているみたいですよ。

ネットで見たことがあります。


午後はピークトラペルジャケットの仕上げ。

いわゆるテーラードジャケットの型紙を、オリジナルではじめて作ったので、いろいろ勉強に

なり、そしてへとへとになりました。

写真、また後日アップします。




3歳になったばかりの娘が、水彩で描いた絵。

自分で色を選び、描いていました。

怪獣とのこと。

天才じゃないか!
23:59 | comments(0) | trackbacks(0)

ジェットエンジンのミシン

 数週間前に急に思いつきで書いたポエム。

赤面もののおバカな詩ですが、ここに紹介します。

読んでいて、恥ずかしくなったら、スルーして下さい。

2篇あります。



<THREAD MELODIEZのテーマ>


俺のゴールデンマシン

今日も金色に光っている

まぶしいぜ!

俺のベイビーの次に大事なお前

ビート(モーター)が鳴り響き

それが速すぎてメロディーに聞こえる

針先から流れ出でるメロディー

生命の産声

俺とミシンと、出来上がるものが一体化していく

最高の気分


俺の背中に一対の腕が付いていれば最高なのに

俺のベイビーをその腕でいだく

俺の頭の後ろにもう1つ目玉が付いていればいいのに

俺はミシンをしながら、ベイビーをも見ることができる


最高の幸せ

これ以上のことはない

俺のゴールデンミシン

OH! YEAH!


地獄の一丁目、二丁目、三丁目、...

型紙...試作...また型紙...試作...

OH! YEAH!

地獄の十丁目、二十丁目...

胃がおかしい、精神がおかしい、狂ってきている

OH! 死んでしまう。


見切りを付けてロックンロール!

世界で一番小さな飛行機

世界で一番速いその飛行機(JETS)に乗って

地獄の世界から、おさらばさ!


OH! 俺のゴールデンマシン

俺のゴールデンミシンがマ、マ、待っている



<ミシンの道>


糸が切れる直前の嫌な音

頭の中でキンキン鳴り響く

神経線維の先に突然現れる無数のダニ

こいつらと戦い、こいつらを全身で感じている

その一線を越えた時


天と地が入れ替わり、頭上に海がある

生きること、ただそれだけが目的で

本当に生きているって感じがした


俺の目の前には、ミシンロードが広がる

いったいどこまで続くのか分からない

途切れ途切れ、幽かなロード

歩いていこう

行き先はどこでもいい

今この一針が、あっち側と、こっち側をつらぬく

破壊と創造が行われるこの瞬間

針が折れるまで

OH! 針が折れるまで


この一針には、俺の想い

その一針には、あの娘の想い

絡み合い、生地と溶け合う


はじけ飛んだTHREAD

青い海のようなデニムに咲いた一輪の糸の花

OH! YEAH!




バカっぽいですね、かなり。

自分では気に入っているのですが。

以前、かなりギリギリで生きていた時期があって、その時によく詩を書いていました。

何故か、最近その感覚が、復活しつつあります。

でも仕事もちゃんとやっていますよ(今、忙しいのだ)。
00:14 | comments(0) | trackbacks(0)

THREAD MELODIEZという名の衝動

 THREAD MELODIEZ(スレッド・メロディーズ)という名前で、ミシンアディクトのロックラインとで

も、言うべきブランドを、勝手に始めようと思っています。

誰からの要望でもありません。

きっかけは友人のロックバンドのライブを見に行ったときのこと。

ひさしぶりに見た、ライブで何故か、服のアイディアが湧いて出てきた。

今まで、自分が作っていた、服とはまた違うイメージで。

殺気、妖艶、衝動性、弱さ、鋭利、硬さ、痛み、ユーモア、反権力、・・・

表現したいという、衝動がすごい湧いてきた。

エレキギターの刃にばっさりと、やられてしまった。

ミシンアディクトがメインでこれからもずっとやっていきますが、新たな子供、THREAD MELODIEZ

も、よろしくお願いします。

超スローペースでしか、発表できないかもしれませんが。

工房の看板を描いてもらった、MAIさんが描いたイメージ。

RADIOHEAD(レディオヘッド)が好きな、MAIさん。

RADIOHEADならぬ、MISSIN'HEAD、そして腕にエレキがくっついている。

THREAD MELODIEZのタグのデザインを頼んでいるのだが、そこから派生したイメージ。

ミシンと一体化したいという願望を、MAIさんなりに、描いています。

誰にも描けないイメージです。



以前、自分が描いた黒い太陽のTシャツに、シルクスクリーンで版を作り、プリントしてみました。

本番ではありません。

試作です。

本番は、自分が型紙から作った、Tシャツに、大きく版を作り直し、ミシンとエレキにハンドペイントを、

施し、作りたいと思います。

ハンドペイントは自分でやりたいと思います。




バックは厚紙を切り抜いて、透明インクにてステンシル。

エッジが効いて、かっこいいです。

ハンドクラフト感も出ました。



THREAD MELODIEZという名にこめた想い。

糸(縫製糸)から流れ出でるメロディーという意味です。

高速でミシンを動かしているとき、モーターの音と、ミシン針が生地を貫通していく音とが、混ざりあっ

って、メロディーに聞こえるときがあります。

(生命に似た)ひとつのものが出来上がっていくときに、聞こえるメロディー(産声)。

そんな想いを込めました。



ミシンの縫製糸は左にねじれている、Z撚りと呼ばれている。

手縫い糸は、右にねじれている、S撚りです。

ミシンで縫製するときに、S撚りの糸だとほどけてきて、強度が弱くなる為に、ミシン糸はZ撚りだそう

です。

逆にミシン糸で、ボタンを手縫いで付けようとすると、切れてしまい、縫いにくいです。

メロディーの複数形はMELODIESなのですが、あえてMELODIEZにしました。

10:56 | comments(0) | trackbacks(0)
1