2014.12.11 Thursday

ドレスが作りたい。

0

    5歳の娘はドレスが大好き。

    休みの日はドレスをよく着てたりする。

    古着屋で買ったものと、頂いたもの。

    その時の気分でどっちにするか決めている。

    普段着る服も、ギャザーが入っていたり、キラキラしたプリントのものだったり、ゴブラン織り風のプリントがしてあるトレー

    ナーだったり、ワンピースだったりと女の子らしい恰好が多いです。

    いわゆるボーイッシュな格好はあまりしないんですな。

    お父さんがジーパン作ったら履くか?って聞いたら履くって言ってましたけどね。

    ポケモンのセレナが履いているスカートと帽子を作って欲しいと、オーダーが入ってるのですがなかなか作れない。

    ドレス作りたい欲求が、大きくなってきたのでそろそろ作ろう。

    本も買ってきました。









    MA−1の作り方が載っている本も、今年の夏くらいに買いました。

    ドレスからMA−1果ては革ジャンまで何でも作れる人になりたいですなー。


     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    PR
    e-mail
    missin.a@ymail.plala.or.jp
    工房
    〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
    FAX
    0569−35−5085
    携帯
    090−1725−7950
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    イルカの日 [DVD]
    イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

    実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
    ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
    ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
    博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
    服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

    胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
    Recommend
    光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
    光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
    エリザベス・クラーラー
    この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
    喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
    アニータ・ムアジャーニ
    全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM