high land church
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 間仕切り多用の帆布バッグ | main | バックポケットのカスタムジーンズ >>

アウトドア椅子の生地、張り替え

アウトドアで使う、折りたたみ椅子の、座面と背もたれの生地を張り替えて欲しいとの、依頼

があったので、紹介します。

座面部分は、ナイロンの生地が裂けて、破れてしまっていた為、帆布でカッコよくして欲しい

とのオーダーでした。 

使用した生地は、パラフィン加工の帆布9号。

アウトドアに映える生地です。




完成したところです。

ひもは、適当なものを使って、とりあえず締めてみました。

明日、ホームセンターに行って頑丈なひもを買ってきます。




ハトメをたくさん打ち、ひもで締める仕様にしました。

アウトドア椅子は、フレームの部分がリベットでカシメてあり、座面を取り外し出来るような

構造にしておかないと、後で取り付けることが出来ないので。

注文を受けるときは、そんなことを思いもしなかったのですが、よく見たら、取り外しが出来

るような構造にしておかないと、取り付けることが出来ないと気付きました。

世の中、甘くないですね。

144個のハトメを打ちつけました。

集中できます。




裏面はこんな感じ。

ひもはキチンとしたもので、締め直しますので、ご安心を。

ハトメの位置などが、難しいですが、アウトドア椅子の張り替えの提案が出来たと思います。

この構造だったら、生地が裂けてくることは、まずないと思います。

長年使っていると、ひもは切れてくると、思いますが、取り替えればいいですもんね。

ということで、アウトドア椅子の張り替え作業終了です。
00:06 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

 | - | -
 
こんにちは。
3年ぐらい放置してたキャンプ用のいす破れでしたが、大変参考になりました。
同じフレームでリベット切り落とそうかと思っていましたが、ヒモ編みにするのは目から鱗でした。
挑戦してみようと思います。
ありがとうございます。
Shimizu | 2016/10/01 10:45
コメント、ありがとうございます。
ひも編みの構造を思い付くまでに、かなり試行錯誤しました。

簡単な試作を作ってから、制作すると失敗はないと思います。
挑戦してみて下さい。
ミシンアディクト | 2016/10/01 15:11

Comment









   
 

Trackback URL

http://talismann.jugem.jp/trackback/267