<< 逃避行 | main | ラウンドファスナーの財布、3個 >>
2012.11.08 Thursday

ブラウンの鹿革のフライトキャップ

0
      
    茨城の方からのオーダーです。

    鹿革製のフライトキャップ。

    フライトキャップの注文はたまにあります。

    毎回、作るのに、緊張します。

    今回も気合を入れて制作しました。






    小学校の中学年ころの夢は、世界で一番小さい飛行機に乗ること。

    学校の帰りに、学童保育に通い(両親とも働いていたので)、そこで、油粘土を使って、よく

    飛行機を作っていました。

    どんな飛行機を作っていたか、よく覚えています。




    ちょっと前に買った、プラモデル。

    太平洋戦争末期に、試作された日本の戦闘機。

    活躍することなく、戦争は終わった。

    押井守監督の映画「スカイクロラ」の戦闘機のモデルになったもの。

    前と後ろが、逆になったようなデザイン。

    学童保育に通ってた頃、こんな感じのものをよく作っていました。
    2017.08.07 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      鹿革のフライトキャップはどれくらいの料金でつくれますか?
      • dr.436
      • 2015.01.06 Tuesday 09:20
      コメントありがとうございます。
      この感じですと20,000円くらいになります。
      革は一頭分からしか仕入れ出来ないので、このくらいになってしまいます。
      ご検討よろしくお願いします。
      • ミシンアディクト
      • 2015.01.07 Wednesday 10:16
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      e-mail
      missin.a@ymail.plala.or.jp
      工房
      〒479-0835 愛知県常滑市陶郷町4−64
      FAX
      0569−35−5085
      携帯
      090−1725−7950
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      イルカの日 [DVD]
      イルカの日 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      実在の脳科学者ジョン・C・リリーをモデルに描かれたサスペンス映画。リリー博士はイルカとのコミュニケ―ションを研究しており、この映画でもとても興味深く描かれている。イルカの言語は過去や未来がなく今だけを語る。なのでとても純粋です。なので人間の嘘を理解出来ません。っていうかすぐ見破る。 
      ジョルジュ・ドルリューのテーマ音楽もとても抒情的で耳に残ります。
      ラストシーン、博士とイルカのファーとビーは別れなければならないのですが、離れてくれないイルカたちに叫ぶ博士の声が、胸に刺さります。
      博士役のガラガラ声のジョージ・C・スコットに男を感じました。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系)
      服飾造形講座〈9〉 メンズウェア1―体型・シャツ・パンツ (文化ファッション大系) (JUGEMレビュー »)

      胸囲を元にした原型の書き方と、その原型からどうやって服のパターンを製図していくかの、基本が書いてあります。この文化式の服飾造形講座シリーズはまあまあ分かりやすく、いつもお世話になりっぱなしです。服の構造を学ぶってことは、身体そのものも学ぶってことなんです。
      Recommend
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト
      光速の壁を超えて――今、地球人に最も伝えたい《銀河の重大な真実》 ケンタウルス座メトン星の《宇宙人エイコン》との超DEEPコンタクト (JUGEMレビュー »)
      エリザベス・クラーラー
      この手の本は僕にとっては垂涎もの。ケンタウルス座メトン星人 エイコンとのDEEPコンタクトを書いています。あまりにもDEEP過ぎて、Loveloveになり、子供まで作ってしまう、イギリス系南アフリカ人のクラーラさん。まさにこんな本が読みたかった。あとUFOがどういう風にして出来ているかを、かなり細かく解説しておりとても興味深いです。やはりUFOは武器ではなく、愛の乗り物だったと確信させてくれました。ノンフィクションです。
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
      喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと (JUGEMレビュー »)
      アニータ・ムアジャーニ
      全身のリンパ節にレモン大の悪性腫瘍が出来、全臓器が機能を停止し今まさに臨終というその時に、臨死体験をした人の自叙伝です。あちらの世界で、もう亡くなっている自分の父親と友人に会い、この世界の源とは何だったのかを見せてくれる。全てのものはただ一つのものから出来ており(素粒子も)何も恐れる必要がないことを知ります。その源は何だったのか、その答えはこの本のタイトルであり、まさに真正面から、この著者は答えています。全ての覚醒はただワンネスに気付くそのことだと思います。
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM