high land church
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パラフィン帆布のVOYAGER 供\喫形カスタム | main | カラシ色のパラフィン帆布の携帯ケース >>

WOODY COUNTRYというブランドの3WAY BAG

 

ずいぶん前ですが(もう24年前です、汗)WOODY COUNTRY→COUNTYというブランドの3WAY BAGを買いました。

(WOODY COUNTRYというブランドはもうないらしい。素晴らしいカバンなんですけどね)

リュックサック、ショルダーカバン、手持ちのボストンバッグになります。

アメリカ一周旅行の為に買いました(厳密に言うと2/3くらいです)。

その当時ジーンズショップで働いていたんですが、その隣にアウトドアショップがあって、そこの店長が勧めて

くれたのは登山用のリュックサックだったんですが、バックパッカ―みたいに思われるのも嫌だったので、この

コジャレた3WAYのBAGを買いました。

安貧乏旅行だったんですが、ちょっとカッコつけたかったんです。

大自然の中にも行って、シカゴやニューヨーク、ワシントンD.Cなどの大都会にも行くのでそれに見合った形の

カバンが欲しかったんです。

このカバンはその時の気分にぴったりと合いました。

 

 

横60cm 縦40cm マチ23cmくらい

2か月の旅行だったので、これくらい大きいものを選びました。

今だったら、もうちょっと小さくてもいいですね。

 

 

 

メッシュの大型内ポケットが一個あるだけのシンプルな内部です。

とても使いやすく、不便感は全然なかったです。

 

 

 

カバンの背面。

ファスナーを開けて、リュックサック用のベルトを取り出します。

 

 

 

分厚いパッドが入った、ショルダーベルトが出てきます。

背負ってる時のホールド感があり、疲れないような仕様、構造になっています。

縫製仕様も、部分部分で補強してありかなり考えられてるなあと、見れば見るほど感心してしまいます。

 

 

 

 

リュックサックにして背負うとこんな感じです。

こんな感じで全米をうろうろしてました。

 

 

 

 

 

 

後ろから見ると結構でかい。

 

 

 

ショルダーストラップを付けると、ショルダーカバンに。

この状態でもよく使いました。

地下鉄やバスに乗るとき、ダウンタウンを歩くときとか。

 

 

 

飛行機に乗るときにはこの手持ちの状態にして、機内預けへ。

表面と裏面にはそれぞれ分厚いパッドが入っているので、中のものが壊れるとかという

不安感はあまりありませんでした。

 

この3WAYのカバンを元にして、パラフィン帆布の3WAY BAGを作ろうと画策しているところです。

 

 

 

20:54 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

 | - | -
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://talismann.jugem.jp/trackback/770