high land church
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SORA−2

 

<一宮のSさんからのオーダー>

世界の果てまで行って欲しい、との願いを込めて作っているVOYAGERジーンズ。

さらにその進化系のSORAジーンズです。

大型のフロントコインポケットにジャラジャラとその国のコインを入れて、歩いて欲しい。

そのコインの形に色落ちしてきたら、旅してきたよという証明。

遠い所まで行ったんだという証明になる。

こんな時代だからこそ、遠くへ旅して欲しい。

そこには同じ空があるし、同じ海がある、同じ風があり、同じ空気がある。

その空気をいっぱい吸ってきて欲しいのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その国にはそれぞれ流行っている音楽がある。

街中からラジオから、他人のスマホから聞こえてくる。

音楽のない人生はつまらない。

ダンスのない人生はつまらない。

Llorca 「Indigo Blues」

 

 

ネットショップ始めました。

これから、ちょこちょこと載せていく予定です。

良かったら見てくださいね→ミシンアディクト ネットショップ

 

02:01 | comments(0) | trackbacks(0)

SORA−1

 

<武豊のKさんからのオーダー>

DETOURSのVOYAGERカスタムだから、何か新しいいい名前はないかなと考えたんですが、なかなかいい名前が思いつかず、

パっと思い浮かんだのが「SORA」(空)でした。

DETOURSとVOYAGERの中に入っているアルファベットだからいいかなと、連想ゲームみたいなもんです。

履きこんでいくと、夜空のような深いブルーから昼の空のような明るいブルーに変わっていきます。

その変わっていくときに、その人の個性と歴史が刻み込まれていきます。

他のどこにもないたった一つのSORAというイメージであり、想いです。

 

 

 

細かいざらつきと、繊細な縦落ちをするセルビッチデニムです。

アウトシームがないのでセルビッチ部は、ウェストの帯の裏に使っています。

 

 

 

後から見たら、いつも作っているDETOURSジーンズにそっくりです。

今回はシンチバックは付けていません。

 

 

 

ウェストの帯裏にはDETOURSと金のステンシル。

 

 

 

この金は洗濯の堅牢度が低く、数回の洗濯で剥がれてきてしまいます。

ネットに入れて洗濯すると剥がれにくくなります。

ネットに入れて洗濯することをお勧めしています。

 

 

 

家の父親が、人形の絵付けに使っていた金です。

LINING DEEP LEMONという赤っぽい金です。

顔料の粒子が大きいため、繊維の表面に張り付いている感じです。

 

 

 

 

 

このデザインステッチは30番手というジーンズを縫うには比較的細い綿糸を使っているので、徐々に切れていきます。

切れて消滅していった後も、ブルーのラインがうっすらと残るんですよ。

 

 

 

 

 

 

脇の縫い目(アウトシーム)がない!?です。

 

 

 

動きやすいし、自転車に乗るときとかもいいです。

 

 

 

ネットショップ始めました。

これから、ちょこちょこと載せていく予定です。

良かったら見てくださいね→ミシンアディクト ネットショップ

 

 

 

01:19 | comments(0) | trackbacks(0)